おすすめ活用術

otaku_otagei

共感をしてもらうために必要なのは、
1誰が(チラシを見るお客様層の確定)
2どこで(店舗の独自性)
3何を(サービス内容)
すればいいサービスを受けられるのか。
を明確にすれば共感を得ることが出来ます。

例えば1つの会員募集チラシでも男性用、女性用と分けるのも一つの方法です。
女性向け:「キレイのヒミツを配信中!」
男性向け:「恰好いい大人になる為の秘訣、限定配信。」

女性向けは漢字よりもカタカナやひらがなを駆使して柔らかいイメージを、
男性は漢字を多用して固いイメージをというのも共感を持ってもらう一つの手法です。

お客様全体に作りがちなチラシですが、チラシ自体も対象を狭めることで
効果的なものができますよ!