おすすめ活用術

064389

POINT1 小物でアイデンティティを表現する

例えば、スタッフ様の写真、マスコットキャラクターになりうるぬいぐるみ、
かわいい布を利用してアイテムをよりオシャレにみせたり、
半逆光(被写体の斜め後ろに太陽がある)
位置で撮影することで光が差し込んで柔らかい印象にすることが可能です。

 

POINT2 食べ物は「色」と「テーブルコーディネート」
食べ物を撮影する時は鮮やかな色であったり、清潔感が漂うテーブルコーディネートがあるか無いかで
写真が魅力的にうつります。

 

POINT3 食事は景色と一緒に撮影して空気を伝える

食べ物を主役にするのではなく、周りの景色を主役にする。
「何を食べているか」も大事ですが、それよりも「どこでどのような時間を過ごしているか」を伝えること

他人に見てもらって自慢できるような写真が撮影できます。

今はスマホのアプリでもおしゃれに撮影ができるアプリもありますので、
是非ご利用していただいて素敵な店内POPを作成してみてください!