おすすめ活用術

107
今ご利用いただいている、IPmobileもそうですが、Facebook、アメブロ、twitter
等のSNSと呼ばれるツールがあります。
 
それぞれの特性があるので、どれも全く同じアプローチをしても、
効果的かというとそうではありません。
 
それぞれのコミュニケーションツールの使い分けをご紹介します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
使い分け事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebook
利点としては、実名登録なので、信頼性が高いこと、また、お客様がシェアをすることで
宣伝効果が拡散していきます。
Facebookでは、タイムラインにどんな投稿が表示されるか、という指標があります。
記事に対する、いいね、シェア、コメントの数もそうですが、更新頻度も関わっています。
Facebookページを持っている店舗様は、ブログを書くのと同じ頻度で、
Facebookページを更新し、お客様のタイムラインに表示させ続ける努力をされているようです。
 
twitter
Twitterはとにかくリアルタイムでの情報を伝える事に長けています。
 
IPmobile
twitterやFacebookは不特定多数とのリアルタイムのコミュニケーションが可能ですが、
IPmobileは1対1に近いコミュニケーションを行う事が出来ます。
メール内にその人だけに送ったような仕掛けを入れたり、お客様の生活パターンを読んで
読まれやすい時間帯や、曜日に配信する事で、反響を工夫しましょう。
 
それぞれのSNSの特性を生かすことで、相乗効果が見込めます。
やり方を少し変化させて、運用していきましょう。