おすすめ活用術

imgres

 

サービスがあふれかえっている今、消費者の購買が食傷気味です。
どの店に行けば、自分に合うサービスを受けられるのかが分からない状態です。

 

お店としては、他の店よりもサービスが優れていればお客様は求めてくれる、つまり
売れるサービスになるというセオリーです。

 

じつは、ここを見直す必要があるとマーケティング業界では言われています。

 

例えば、Bというサプリメントを飲んで、貧血を改善したい、というのが購買欲求です。
なので、この購買欲求を利用する宣伝方法は、
「貧血を改善したい方はサプリメントBを!」と宣伝します。

 

もう一つの欲求で「生活欲求」という欲求があります。
これは、生活をしていくうえで「この課題を解決したい」という願望の事です。
つまり、ここの例えで言うと「貧血を改善したい!」という欲求です。
ここに対して商品の売上が成長しない場合、まずは商品がターゲットとする「生活欲求」が

十分に高まっているのかを確認するというポイントも宣伝効果のポイントになってきます。

 

当たり前の観点なのですが、意外に忘れてしまいがちな観点になります。

 

是非この観点でも、商品開発や、サービス向上のヒントにご利用ください。