おすすめ活用術

success164

とある飲食店様でお取組みされている事例をご紹介します。
その店舗様は、店舗の看板に本日入荷した食材で作ったお料理をアピールしていました。
そのアピールには料理のこだわりのポイントや、スタッフ様の感想等を入れていました。
ある日、オーナー様のお友達の別の飲食店のオーナー様より「この刺身の魚が新鮮で歯ごたえがいい!こんなのどこで入荷したの?」というお話がありました。
オーナー様はいつも通り「●●の鮮魚店だよ~あそこはいいよね!」という話をしました。

実はその横で今日の看板の一言に困ったスタッフさんが居ました。
その話を聞いていたスタッフさんが書いた一言は・・・
「この刺身の魚新鮮で歯ごたえがいい!どこで入荷したの!?by●●町の飲食店オーナー」という一言を書いたのです。

すると、その日、そのお刺身が売切れるのがいつもより2時間早く売り切れたそうです!

人の心理として注文したものやお店を失敗したくないという心理が働きます。
そこに、プロの意見がそのメニューを注文することを後押ししてこの看板は成功を収めました。

「プロがそういうのだから間違いない!」
このようなPOPを店舗に掲示するのも一つの工夫になりますね。